第一飛行クラブ 広島 グライダー

第一飛行クラブのホームグラウンド、広島西飛行場の紹介です。

特 徴

現在、大型エアラインの就航はなく、九州南部地区を結ぶコミューター便と小型機中心の飛行場となっています。
飛行訓練のための離発着回数制限は無く、また、夜間飛行のための航空灯火設備も完備しています。
近隣には、30分前後の飛行エリアに松山空港、広島空港、石見空港があり、1時間程度のエリアまで足を伸ばせば、高松空港、岡山空港、出雲空港、大分空港、新北九州空港、高知空港等と、数多くの空港があり、飛行訓練や観光に最適なロケーションです。

また、操縦許可取得の際に必要となる「航空身体検査指定病院」が市内にあると共に、「操縦教育証明所持教官」も多数在席している等、小型機には、大変恵まれた環境の飛行場です。

飛行場詳細

ウィンドウソックス
所在地 広島県広島市西区観音新町四丁目
設置管理者広島県
運用時間08:30〜20:30 (H22.4〜)
主な施設 滑走路1800m×45m (RWY04 / 22)
標点34゜22’01″N 132゜24’50″E
標高3.0m
駐機場コミューター機用6スポット、小型機用21スポット
航空保安無線施設VOR/DME、 LLZ/T-DME H23.9廃止されました。
通信設備 コールサイン"広島西フライトサービス" (130.65MHz)
飛行場情報提供(財)航空機安全運航支援センター 
飛行場灯火施設飛行場灯台(ABN)、進入角指示灯(PAPI)、滑走路末端識別灯(RWYTIL)、滑走路距離灯(DML)、滑走路末端灯(RTHL)、誘導路灯(TWYL)

広島西飛行場の歴史

1961年 (旧)広島空港供用開始(運輸大臣が管理)

1972年 滑走路延長(1,200m→1,800m)

1993年10月29日(平成5年) 三原市(旧豊田郡本郷町)の新広島空港(現広島空港)供用開始に伴い
広島西飛行場へ名称変更し、飛行場種別を「公共用その他飛行場」に変更、管理者を広島県に移管し新設開港。

1994年4月28日(平成6年) 一時的に撤去されていた航空保安無線施設(VOR/DME,LLZ/T-DME)が再整備され、計器飛行方式による運航再開。

Web designed by広島のホームページ作成はこちら